闇金 被害 対策

闇金とはどんな業者を指すの?

「闇金」とはどのような業者なのでしょうか?
本来ですと貸金業をする場合、各都道府県の財務局へ届出を提出しなくてはいけません。

 

この届出を提出していなかったり、提出していたとしても違法な金利で貸金業をおこなっている業者の事を指します。

 

闇金は優しい謳い文句で勧誘をしてきて、最初は抵抗の無い低額の借金を勧めます。一見、すぐに返済できそうな気がする額でも、闇金は高金利で営業しているので、数日すると返済額は跳ね上がっています。

 

例えば、現在の法律では借入額が10万円までならば利率は20%以下まで、100万円までの借入額ならば、18%までと上限が定まっています。

 

しかし、闇金はそれをはるかに上回る高利率で融資をおこなっており、気が付くとあっという間に借金地獄へ陥ってしまっているという訳です。

 

更には、取り立ても法律ギリギリのところでおこなってきます。

 

自宅や職場への嫌がらせを始め、近所へ闇金を利用しているというのをわかるような取り立てをしてきます。

 

一部では「闇金と知りながら利用したのだから自業自得」という声もありますが、不況の時代で、銀行や消費者金融からは借りられなくなってしまい、闇金と知りながらも借金を借りざるを得ない人も多く存在します。

完済は無理?広がる闇金被害

貸金業法を一切無視している闇金ですが、単純に利息だけで利益を出している訳ではありません。お金がある債務者には、罠を仕掛けて陥れ、ギリギリまでお金を搾り取ろうとします。

 

闇金がどのようにして儲かっているのかというと・・・

 

・貸金業法外の高金利がつく(トゴ・トイチなど)
10日を返済期間とし、元金に1割から5割の利息がつく。

 

・返済が難しい場合は、利息分だけを払わせる(ジャンプ)
例えば、10万円借りた時に利息が1ヵ月で3万円になるとします。本来ですと、1ヵ月後には元金を含む13万円を返済しなくてはいけませんが、難しい場合は利息の3万円のみ支払うだけでOKとなります。

 

このように利息分だけを延々と払い続けていけば、5ヵ月後には利息だけで元金の13万円を超えて支払っていることになります。

 

しかし、あくまでも「利息」の支払いのため、元金の13万円は1円も減りません。

 

・更に、返済が難しくなると別の闇金業者に紹介をする
返済が難しくなると「別の闇金から借りて完済すれば良い」と、世話を焼いてきますが実際は経営者が同じ闇金だったり、仲間の闇金だったりして借金+紹介料が発生します。

 

・仕事を紹介する(タコ部屋)
現代ではタコ部屋というものは存在しませんが、闇金が関わっている建設業や風俗で働かされます。半ば、監禁に近い状態での寮住まいとなり、借金に加え、居住料や仕事紹介料が発生します。

 

このように、一度闇金と関わってしまうとお金を搾り取られ、完済したくてもできないという状態に追い込まれます。
最近では、債務者によっては完済せず逃げてしまうというケースもあるので、お金を貸す際に健康保険証・パスポートを預かったり、家族や知人・勤務先の住所などを聞き出し、簡単には逃げられないようにしています。

 

また、完済できたとしても「これで一安心」という訳にはいかないようです。
闇金から借りたお金を完済できても、別の闇金業者から勧誘の電話がかかってくるなど、新たな闇金関係の問題が発生します。

 

なぜ、その様な事になるのかというと、従来の店舗型・対面型の闇金とは違い、捕まりにくい「090金融」と呼ばれる姿を見せない闇金が主流になりつつある現在では、債務者からお金を絞り出せると判断すれば、闇金業者は姿がわからない事を良い事に更に接触をしてこようとします。

 

また、この090金融と提携している「名簿屋」から、現在借金をしている人間・以前闇金を利用していいた人間のリストを手に入れ再び融資をしてこようとします。

 

もちろん、このような場合は相手にせず無視をすれば良い事なのですが、中には「何かトラブルがあったのでは?」と心配になり、電話をとってしまう方もいます。

 

それ以外にも、何としてでも接触したい闇金側は「電話を無視している」と因縁をつけて自宅への嫌がらせをしてくるなど、完済しても闇金の恐怖から逃げられない事態に陥るケースもあります。

闇金から完全に逃げ切るには?

以上のように、借金を完済しても闇金が関わってくるとなると、完済の目途があったとしても安心して過ごす事はできませんよね。

 

闇金にお金を借りてしまったら、迷わず専門家に相談をしましょう。

 

闇金関係の相談ですと、無料で相談する事が可能ですし、闇金被害は全国各地に大勢いるので、全国に対応している事務所が多いので心配はいりません。

 

闇金対策は、地方自治体や警察も対応しようと活動していますが「憲法」と「民法」の壁がある以上、警察は完全に債務者を守り切る事はできません。

 

また、闇金側もネットや携帯のみのやり取りだけといった手口を変えてきていたり、反社会的組織と繋がっている業者もあるので、法律の素人である債務者が抵抗するには非常に不利なのです。

 

だからこそ、闇金被害の対策に特化している司法書士に依頼するという事が、闇金被害を解決するためには最適の方法と言えます。

 

当サイトで紹介している司法書士は、闇金問題に詳しくこれまでに数多くの闇金被害を科一決してきた実績があります。

 

各司法書士のホームページに設置されている「相談窓口」で相談する事ができます。

 

闇金の手口、債務者の現状も理解しているので「報酬をすぐに用意する事ができない」という方の為に、後払い・分割払いにも対応してくれます。
先々の心配が無いため、安心して相談・依頼が出来ますよね。

 

また、上記で説明したような完済後の闇金からの接触の心配もありません。
司法書士も闇金の手口を熟知しているので、解決後に接触してこないように対策を取ってくれています。

 

それでも、闇金が接触してきた場合は、司法書士に再度依頼をするのではなく、継続して相談可能なので、新たに契約料を請求される心配もありません。

 

アフターケアまで万全におこなっているので、信頼して任せる事ができます。

 

では、なぜ闇金被害の相談は「弁護士」ではなく「司法書士」なのでしょうか?
弁護士と、司法書士がおこなう解決方法は基本的に同じです。
しかし、大きく異なってくる部分があります。それは「解決までにかかる費用」です。

 

弁護士の場合ですと、相談する段階から「相談料」として費用が発生してしまい30
分5000円〜請求され、着手金・成功報酬など事あるごとに費用が上乗せされていき相談料+6万円〜10万円程かかります。

 

一方、司法書士の場合ですと相談料は無料で解決費用は1件当たり3万円〜5万円と弁護士の半分で費用を抑えることができます。

 

闇金被害で生活が困窮状態にあるのに、その上、解決費用でお金には困りたくないですよね。

 

相談は24時間356日可能なので、不安になりやすい深夜でも対応してくれます。
闇金関連の相談は、人にはなかなか話しづらく一人で抱え込みがちです。

 

ですが、専門家に相談をすることで、確かな回答をもらう事ができますし親身になって話を聞いてくれるので、相談を終えるころには気持ちが楽になります。

 

まだ、依頼するまでに気持ちが傾いていなくても構いません。
「愚痴る」くらいの軽い気持ちでも良いので、一度話をしてみてください。

 

専門家ならではの対策法なども聞けるかもしれません。
曇りがちだった日常に光が差し込みますよ。